スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ (París!)

2009-06-30
憧れの?パリです。昨夜は車中一泊だったので、のんびりモンマルトルの散歩だけ。
犬の写真撮らせてもらいました。丸っこくてかわいいです。

Parisdog.jpg

こんな写真じゃ パリ気分にならないので もうひとつ。アメリの舞台モンマルトルです。

Paris_Montmar.jpg
スポンサーサイト

Feria Gollesco

2009-06-28
Feria Medievalは飽きたので、Feria Gollescoという他のに行ってみた。今回は山の向こう側の近くの村なので赤ちゃん連れでお母さんと三人で。
開催されたのは人口3000人くらいの Piedrahitaという村。近隣の村からも 人がおとづれるらしい。
Gollescoというのは ゴヤの時代という意味で Medievalよりちょっと後。18世紀かな?
信じられないのは、Feriannte(出店者)はそれなりの服装が求められるのに今回は村人がみんな力をいれて着飾ってました。我らは2日目は もうスカートを脱いで普通の服で働いてました。

Gollesco.jpg Gollesco3.jpg Gollesco5.jpg
Gollesco2.jpg Gollesco4.jpg Gollesco7.jpg Gollesco6.jpg

上段 着飾る人々。下段左から二つ目なんて 盛り上げた貴婦人みたいなカツラつけてます。貴婦人っつかドラッグクイーンみたいです。あまりのショックに写真を頼むの忘れて隠し撮りしました。
下段左はテントの中の様子。

で、売れたかって?この日は私の真珠のアンクレットが売れました。友達の店も壊滅的に売れないFeriaでした。他の出店者なんて閉めちぇうところもあるくらいでした。残念。次はパリです。

Grafiti (街角の落書き2)

2009-06-26
街の落書きの紹介を再度。今回はマドリッドのみです。

Grafiti5.jpg Grafiti7.jpg Grafiti6.jpg
Grafiti8.jpg Grafiti9.jpg

日曜にRastrosが開催されるLatinoの近くの通りです。真ん中の魚の絵は有名な人の作品でバルセロナにもあるらしいです。
下左は Poplandというキッチュな商品を扱うお店。お風呂のひよこの黒いのがあるらしく、欲しいといったら連れて行ってくれました。ちなみに、007や悪魔のひよこもありました。マジンガーZは人気みたいです。デビルマンのフィギュアもありました。もちろんドラえもん、キティちゃんも。
下右はメトロBilbao近くの通りで。鶏肉屋さんの壁に鶏を絞殺する模様が。嫌がらせかウケ狙いか分かりませんね。

夏至の日

2009-06-21
スペインでは夏至の日は夏の始まりで 各地で音楽フェスティバルが開催されるとの事。
それも結構なバンドが出演して 入場料タダ。結局スポンサーのハイネケンビールを7ユーロで買う事になるのですが。

21J.jpg

メンデスという中くらいに有名なバンド。エレクトロニコでした。不思議なのは音楽に専念せず、おしゃべりに専念する友人たち。入場料タダだからかな?

午前中に行ったRastroという日曜蚤の市。今回はアンティークな通りに専念したのでかなり収穫がありました。

Rastros.jpg

牛の頭右上のトイレットペーパー黄ばんでてかわいいね。ごみみたいな山から超かわいいボタンを5個見つけました。2ユーロでゲット。うふっ。

余談ですが、音楽フェスが開催された Mataderoという場所はかつては ト殺場でその後の運ぶ道にRastrosがあって血がいっぱいだったことから Rastroという名前になったそうです。ちょっと危うい理解ですが。

ものづくり in マドリッド

2009-06-20
友人宅で休息を兼ねて 仕事のお手伝い。
前回のGuadalajaraのフェリアでブローチが売れてしまったので 今日はブローチの補充です。
友人を真似て ボタンで。滞在費を労働で支払うような感じです。
結構趣味の異なるものが 売れるようなので、私もバランスを考えて自由に作らせてもらいました。

Broches.jpg

写真左から下の方にかけてのリボンをあまり使っていないものが 私の作品。

Tシャツで作ったネックレス。実は友人がブエノスアイレスから持ち帰ったChurroな(かっこいい)ネックレスを見本に自分用にちょっと改造して作ってみました。

Collar.jpg

マドリッド グルメ

2009-06-19
久々のグルメ紹介。

Comida_Mad.jpg Comida_Mad2.jpg

マドリッド近郊のTietar村の更に近郊のレストランへ。
写真左は赤ピーマンに カマンベールチー ズを乗せて オーブンで焼いた料理。奥はシーザーサラダ。その奥が Sepiaという丸いイカのフライ。右写真は 2回目のコチフリート。(子豚のフライ) 前回のレストランより おいしかった。
このレストランすごく洗練されていて、量もいっぱい。さすが友人のママ。(グルメでいつも食べ物はこうすると旨いと話しています。) ちなみに50代以上のスペイン人は (私の友人の親戚とその友人だけかも知れないが)食事時の話題はグルメな話題が多いです。いつもレシピ ポルファボールと言っております。

Grafiti (街角の落書き)

2009-06-16
今日は街角で見つけた落書きを少しご紹介。

Grafiti1.jpg Grafiti2.jpg
Grafiti3.jpg Grafiti4.jpg

写真上は マドリッド。 写真下はバルセロナ。EZLNってメキシコのサパティスタですね。
すごいのを見つけると、なんだか得した気分になります。

Feria Medieval 2

2009-06-14
マドリッド近郊のGuadalajaraでのFeria Medieval。ちなみにMedievalというのは 中世のお祭で、夏には各地で開催され、地元の人が結構楽しみにしているようです。フェリア出店者にとって 中世風の服は必需品。

Guadarajara.jpg

写真は中世もどきの服を着たマドリッドの友人とお母さん。レジンの試作品の指輪が売れました。私のガイコツも並んでます。
マドリッドは首都なので もっとModeなのかと期待していましたが、バルセロナの方がModeに敏感らしいです。お金持ちも多くて価格もマドリの方がかなり安めです。ちょっと意外でした。

ちなみに服関連のFeria出店者はMedievalばかりでつまらないといっていました。音楽フェスティバルは若者も多く楽しいらしいです。私は今回は参加できず残念。

子供と(で)あそぶ

2009-06-13
友人宅の4ヶ月の赤ちゃんLeo君とクエンカへ。
お母さんの悪い女友達はLeoで遊んでばっかり。

Leo.jpg Leo2.jpg Leo3.jpg

ハンマーヘッドシャーク。 体型からミチェレオというニックネームがつけられました。

Micheleo.jpg

こんなのも作ってみた。やりすぎ?(ご両親も大絶賛)

Cuenca.jpg

遅ればせながらクエンカも観光。

マドリッドへ

2009-06-10
マドリッドへ戻る。バスで8時間。天気の心配をする必要もなく 否応もなく晴れ。
ずーっとフラットな乾燥した地面が続く。かつてラマンチャの男たちがロバで旅した場所も様変わりというところか。ちなみにドンキホーテが2日で旅したところは今車で15分くらいだそうです。

Camino.jpg Camino2.jpg

最新の発電風車。風水あわせても、使用電力の10%も作れないらしい。太陽は結構いけそうな気がするけど。
右は スペインのシンボル。郊外の道路の広告が禁止されてこれだけが残ったらしい。どうやらこれは酒の広告らしい。

商用バンにペイント

2009-06-09
行商人の必需品それはバン。スペイン語ではフルゴネータ。なんだか愛車っぽい響きがあっていいねぇ。ベッドもあってテントも売り物の荷物も運べる大型のバン。
友人の彼氏の方が街の落書きファンで時々イカす(死語?)やつを夜中にやってるらしい。

今回は初の大作に挑戦。今日はその中でも最大の楽しい瞬間。ペイントして剥がす瞬間です。実は下絵を用意して厚紙に写して切って・・・・。私もちょっと手伝って、ずいぶん前から準備してきたのです。
Tango0.jpg Tango1.jpg Tango3.jpg

タングィスタの女性の耳は私の描写。(っつか忘れてたんだよね作るの)




久しぶりのつくりもの そしてグエル公園

2009-06-08
ユニクロのTシャツに偶然できた穴をあけた布をつけて ペイントしてみた。最近蝶づくし。

Maliposa.jpg

グエル公園
ここだけは行こうと思ってたので観光してみた。グエル公園の美しさはいくらでもネットで見れるので、ガウディパロディの写真を掲載しまーす。
Guel.jpg Guel1.jpg Guel2.jpg

過去記事にも書いたデスイグアルにおいてあったかっこいいVespa。グエル公園の入口近くの店舗にて。右はお金渡すと写真撮ってくれるシンボルのトカゲの着ぐるみ。すごくしんどそうだった。暑いのかな? ちなみにランブラス通にはモンスター系のリアルなのがたくさんいて 怖がらせてくれます。

バルセロナは平日でも観光客はいっぱいです。本当にヨーロッパ経済危機なんかいな?ま、シーズンだからね。
実は2000年にも来たのだけど、スペインも以前より英語も通じるようになったようだし、時々日本語で話しかけてくれる人も居るし、マドリッドも安全になったみたいだし、すごい変化だと思います。
ちなみに日本ブームみたいです。
デスノートの死神って日本の特殊なデーモンなの?
みやびっていうバンドかっこいいね?
え?zzz困った。

バルセロナ近郊のリッチなコスタ そして・・ ハモンコンメロン

2009-06-07
バルセロナから(北の)フランス方面へ1時間くらいのビーチにおじさんの家があるというので皆で誘いあって行って来た(連れてってもらった)。
ちょっときれいな郊外のビーチくらいに想像してたのだけれど一等地(ビーチとビーチに挟まれた高台)の豪奢な家々は半端じゃなかった。城でした。覘き見たシャンデリアは高さ2m 直径1.5mは裕に超える大きさ。もちろん全戸プール完備(と思われる)。
おじさんの家はビーチから歩いて15分くらいの普通のところ、でも共同のプールもあって天気予報が雨だったせいか隣人もおらず貸切状態。
我らはビーチは後回しにして 日焼け、水遊び、日焼け、シエスタ、水遊び・・・・の繰り返しあっという間に夜10時。(日暮れは9時30分頃)

Sagaro1.jpg Sagaro2.jpg Sagaro3.jpg

海を臨む高台の家々。 右端はプールでふざける友人達。(この後 肩車じゃなくて立上ってました)

そして・・・ハモンコンメロン
スペインについてから 毎日山盛りのハモンを食べてるのに、(本当は滞在日数の1/3位ね)一度もメロンと一緒に食べたことがない・・・といったら作ってくれた。
お試しということで ちょっとだけ。うーん おいしいけど チーズと一緒に食べたほうがいいのではないの?とも思うが、咀嚼し、更に1つ2つと食べ進むごとにだんだん病みつきになるウマさ。
なるほどね。明日もう一度作ってみよう。

JamonconMelon.jpg

寿司づくり

2009-06-05
海外で恒例の(というわけでもないが)寿司作りということになった。バルセロナは長期バックパッカーにとってもマグロの寿司を作って食べれるうれしい場所である。
今回は友人がわさび、のり、巻き簾などをもっているので魚探しだけである。健康食品屋で米酢も手に入るらしい。
しかもMollet村の公共市場でバルセロナ級に魚が売ってる。
しかし、アニサキスを予防するためすべての魚は一旦凍らせてから販売するという法律だそうだ。ぐるりと一周して海老、卵、サーモン、カニ蒲をチョイス。すでに量が多くなったのと、今一新鮮に見えなかったのでマグロは却下。アジやヒラメもいけそうだったが、ウケそうにないので却下した。
Sushi.jpg
見えるかな?奥のほうにも巻寿司が・・・。
真ん中の鍋は海老の頭とサーモンの骨でつくったスープ。実はこれが私には一番うまかった。真ん中の緑色はほうれん草(冷凍)の胡麻和え。これも大好評。
海老は丸まっちゃって今一見た目が悪いね。サーモンは大量にあったので塩とバルサミコ酢でサラダにしました。卵のニギリも好評でした。あぁよかった。

それにしても、ここバルセロナは魚介類が豊富でいいねぇ。普通にアンコウや、モンゴウイカなんかもうっててとてもそそられます。

今夜からビーチへ出発です。

お誕生日パーティー

2009-06-03
友人が日本に来た時にKwacha(夫)がたくさん食べるので、お母さんが料理をいかにたくさん作るかという話になったんだけど、今日お呼ばれしてきました。Kwachaが居ないのが残念です。

Mollet9.jpg Mollet8.jpg

メニューは バカラオという白身魚のサラダ(セビッチェみたい)とラザニアの野菜版と肉版、コロッケ、チーズとトマトのエンパナーダ、そして 2種のケーキへと続きました。
ワインに始まり、カバ(シャンパン)も振舞われ もう夕飯いらなーい。運動しなきゃ。
右の写真は印度から帰った友人のお兄さんとお父さんのケーキ。ちなみにこの後警察のゴム弾使用に関して 家族のディスカッションが始まりジェネレーションギャップをはさんだ熱い口論となりました。

今日から友人宅で犬を一匹3日間預かることになりました。2Fは犬と私で占拠してます。Squatterみたいです。(スペイン語ではOcupaというそうです)

バルセロナ Encantes(アンティークマーケット)

2009-06-02
バルセロナのアンティークマーケット Encantesに行ってみた。(場所はClot駅近くにあります)大半が生地屋、そしてボタン屋、革屋もちょろちょろ。ペルーや印度みたいに電池やシャンプー他のガラクタを売ってる店やチュロス売ってる店もあって結構おもしろい。お目当てのアンティークはよいの悪いのさまざま。つか、歩く道とごみと売ってるもんの境目がないのよ、古い本とかが分解しちゃって風になびいてるし 間違えて商品踏んじゃったらごめんねぇ~ってな感じ。
Barcelona_Encantes1.jpg Barcelona_Encantes.jpg Barcelona_Encantes2.jpg


見える見える?ケロッグスの箱。これ売ってるんだったらびっくりだよねぇ。
結局真鍮の帽子(帽子の内側が栓抜きになってる)とアンティークのボタンと引き出しの取っ手みたいなものを買いました。全部一個1ユーロ(ボタンは一個オマケ)。じっくりみたいからもう一度行こうかなぁ。


プロフィール

ひつじ

Author:ひつじ
夫婦で世界旅行を機に会社も辞めぐうたら主婦に変身。
旅先で色んな作る人との出会いに刺激され、帰国後色々と節操なく作り始めました。

2009年末 "Los Amigos de EPI"という名前で高田馬場Clumbonにて販売を始めました。機会があれば覘いてみてくださいね。メキシカンテイスト全開(笑)です。気に入ったものがありましたらコメントから連絡くださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。