スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feria Medieval

2009-05-31
露天商初デビュー。バルセロナ市内の北東にあるLlucmajorで開催されるMediovarという名のフェリアで5月30日~6月1日までの3日間。露天商は全員中世の格好をして売る。(私は免除してもらった) 残念なことにアーチスト系の店は少なくて、どっちかっていうと 食い物屋台が多く、お客さんもハンディクラフトに興味のある人は少ない感じ。ちょっと残念。
客の入りは午前中の開店11時から2時くらいは ボチボチで シエスタが終わった5時くらいから11時くらいにかけて たくさんの人が訪れる。フェリアによっては朝の5時くらいまで営業することもあるらしい。いつまで経っても慣れない このスペイン時間。 因って露店もシエスタ時間は閉めてご飯食べて公園で昼寝。なんとのんびりしたことか。
ちなみに若者の夜遊びも夜の1時から 5時くらいが盛り上がる時間らしい。パーティーとかディスコも待ち合わせは大体1時。とほほ。一日が長いね。観光客泣かせだった 2000年の時の旅行を思い出すよ。昼間に観光すると 体が持たないのよね。

初日は土曜日で Bucheros del Horteranoという結構有名なバンドのコンサートががあった(1時半から始まって アンコールを終えたら3時だった)。他の友達はもう一つのパーティに行くらしい。週末だもんね。フェリアの出展で朝6時半から活動開始した友人と私は体力切れ。バンに撤収してお休み。
Feria_Medievar1.jpg
今日のバンド Buchero Del Horterano。フラメンコ風のアレンジや スカ風もあって 結構好みだった。
アンコールには Martires del Compasのカンタンテ Chico Ocañaも乱入して 盛り上がりがリ踊りまくりの一夜でした。お祭りにはこうやって有名バンドがタダで見れる機会が多いらしいです。うらやましい限りです。

日中のフェリアの露店。ぶら下がってる私のガイコツ見えるかな?
Feria_Mediovar.jpg Feria_mediovar2.jpg Feria_Mediovar3.jpg

中世の格好をしてる友人と 友人の露店。 一番右は隣のGarapinyada(カラメルでコーティングしたナッツ)の店と ピエロみたいにいつもおどける 店主のFiti。結構手伝いました。

3日間終わって4つ売れた。売り上げ55ユーロ。プロには遠い道のりです。
意外だったのは 若い女の子ではなく 40代後半?位のおばちゃんが買ってくれた。スペインのおばちゃんはちなみに若い子より 派手好きな感じの人が多いです。おばあちゃんになってもおしゃれしてる人が多いね。フエルトは夏には難しいのも原因かも。

スポンサーサイト

バルセロナ街歩き

2009-05-29
風邪も鼻水だけなので今日は一人でバルセロナの街歩きに行ってきた。
すごい色使いの店発見。その名はデスイグワル(Desigual)。バルセロナ発祥のチェーンみたい。知らなかった。サイケな服って東京にあんまりないよねぇ。(私が知らないだけかもしれないけど)
ウェブみたらどうも日本(有楽町西武)にもあるようです。
http://www.desigual.com/

そして市場めぐり。まずは有名なBoqueria市場へ。ツーリストがいっぱいでバンバン写真撮っててちょっと気の毒。ま、断ると「いいよっ」ていう返事が気軽に帰ってくるんだけれども。
こちらではエイも食べるらしい。スープみたいに煮物にするって言ってました。 右は人の居ない静かサンタカタリナ市場の魚(大西洋で獲れたPalangreNordという魚らしい) 生のタコが大量に売っていてうらやましかったです。(タコ好きなので)

Barcelona_5.jpg Barcelona_6.jpg

あんまり関係ないけど、バーバーパパのおうち。
Barcelona_7.jpg

ひきこもり in バルセロナ

2009-05-28
今日は少し風邪気味でひきこもり。
敗れたズボンを修復し 滞在先の古いマットレスから出てきた羊毛で骸骨を作りました。ひとつはフランケンシュタイン博士風?
Mollet_6.jpg Mollet_7.jpg

できたカラベラは滞在先の友人にあげました。とっても喜んでくれました。そろそろバルセロナ観光しなきゃっておもうんだけど、今日はバルサの勝利パレードで人がいっぱいだったようです。
ちなみに今日ののTVは一日赤と青のカラーで埋め尽くされてました。

やばいっ! バルサ勝っちゃった

2009-05-27
夜の8時45分にあわせてみんなそわそわ。友人の妹さんは6時からバールで待機するそうです。
我らは怖いのでここMollet村の友人宅のプロジェクターで観戦することになりました。
開始11分早速ゴールを決めたバルサ、友人をみるとさっそくマドリッドの友人に嫌味の電話をして(レアルマドリッドのファンだからね、バルサを決して応援しないらしい)電話がつながるや否やこちらで大合唱。↓
Barca_1.jpg

そして2点目もかるくゴール。(といってもみんな叫んでエキサイティングする方に忙しくてゲームみる暇もないくらい)
ゲーム終了をカウントダウンして その後みんなで道路でレゲトンを踊りまくります。ポリスのパトカーにも旗を振って邪魔をするわ 走ってきた車の前に飛び出すわ・・・
さすがにポリスはクラクションを鳴らして答えてくれなかったけど通る車やトラックも徐行して答えてくれました。写真下は今日の最もエキサイティングしてた友人の友人。何でもオタクらしい。

Barca_3.jpg

最後は村の中心にくりだして花火、爆竹、大合唱。私もちゃっかり ユニホームを貸してもらって原宿風にピースサインで写真に収まりました。隣にいるのは滞在先の友人です。バルセロナ市内に居なくてよかった。ここはいたってピースフルです。

Barca_2.jpg Barca_4.jpg

今夜は外がうるさくて眠れそうにないです。

5月26日

2009-05-26
今日は日記。
午前中は滞在先のMollet Del Valle村(滞在先 バルセロナから電車で20分の村)のマーケットデー。朝は威勢のいい売り手が大声で呼び込む声で目が覚めた。
「トドスウンエウロ~オラグワパートライガー」(全部1ユーロ、そこのかわいこちゃん持ってってー)
寝てられないから起きてブラブラ。なんともうらやましいのはトマト、アスパラ、チェリーなんかも激安。1キロ1~2ユーロ。
午後は友人の友人宅でパエリアをご馳走になって、地中海を味見して(塩分が薄いバスクはもうちょっとしょっぱかった) 売るために持ってきたガイコツちゃんの顔作り。Vanに落書きする下絵の手伝いをして 出展のテントづくりの手伝いをして・・・・気がついたらはや9時を廻ってました。光陰矢の如し。

明日はヨーロッパリーグの決勝戦。バルサvsManU。勝っても負けても恐ろしいことになりそう。TVで観戦予定。フットボールのファンじゃない人もバルセロナ中が熱くなりそうです。

写真は午前中のマーケットと今日食べたパエリア。いろんな種類の海老がいっぱいでおいしかったぁ。(シャコみたいなのも入ってました)

Mollet_4.jpg

Mollet_5.jpg


廃工場

2009-05-25
今日のイベントはヌード写真を工場跡に行って撮るというもの。
といっても私のヌードではなく滞在先の友人カップルの。何でも友達が写真の勉強中でモデルが必要らしい。廃工場にはスクワッター(勝手に住んでる人)が居るらしい。何事も経験と のこのこ付いていった。

こんな感じ↓
Mollet_2.jpg Mollet_1.jpg Mollet_3.jpg

中は落書きがいっぱい。でも街中よりずっとかっこいい落書きがたくさんあってちょっともったいない。でっかい(元野良)犬もいっぱいいて ちょっと怖い。下は割れたガラスだらけ。何でも昔の皮工場らしく、皮ジャケットの裏につけたであろうブランドシールとか なめしか染色に使ったであろう釜があったのではないか?と思われる色の飛び散った壁とか。昔は美しく整理された材料や製品が載せられていたであろう棚とかが、埃をかぶって打ち捨てられている。上からパイプが落ちてきて壊れていたり。興味深かったのは勝手に住んでる人は英語圏の人が意外と多かったこと。無事巨大な犬たちに襲われることもなく帰って来れました。ほっ。

バルセロナ2

2009-05-24
バルセロナ2日目。といっても市内には行かず友人の友人の誕生日を兼ねて郊外の遊園地?Bosc Vertical(Vertical Forest)へ。

Barcelona_2.jpg(友人撮影)
風雲タケシ城みたいだぁ~と大喜び。なんで日本にたけし城がないんだぁ?という質問をうけました。

馬鹿騒ぎの大好きなスペイン人は(友人だけかも知れないけど)その後家の前の広場を会場に飲み食いパーティーをはじめ、ポップコーンをやってはねたところを口でキャッチという遊びをすることになった。Kwachaがなんと一等賞。なんでもカオにあたるポップコーンもものともせずフライパンの近くで口をあけてじっと我慢していたとのこと。さすが食いしん坊。

Barcelona_4.jpg
宙に浮くポップコーンみえるかな?

バルセロナ

2009-05-23
Barcelona_1.jpg

バルセロナに来た。今回は夫婦2人とも2回目なので 観光二の次にして友人宅へ。
でも気を利かせて観光も旅程に入れてくれた。早速サグラダファミリアへ。作ってるんだか直してるんだか・・。バルセロナは去年夏から急に景気が悪化したために増えた失業率を一時的にでも下げるため 市内の重要な建物の外壁修理などを増やしているらしい。ということで他の美しいビルも覆われていたりして残念。
友人にハンドメイド作家の品を置く店をぐるぐる廻って 見聞する。
やっぱり色使いとかちがうなぁ。

インド人経営のビーズ パーツ屋なんかもあって面白し。(ピンとか指輪台は100個で5ユーロくらい)

TAKASHI MURAKAMI in Guggenheim

2009-05-22
Birbaoの2日目。今日の夜のバスまで暇なのでグッゲンハイム美術館に行く。
カスコビエホ(休市街)の店には シールがいっぱい。

Birbao_5.jpg

なんだかうきうきさせる花である。マドリッドの友達もMURAKAMIに行ってきたよって言ってたっけ。

何よりびっくりなのはその建物。 そして前にそびえるパンジーでできた犬。なんで犬なんだ?

Birbao_3.jpg Birbao_4.jpg

イヤホンガイド付で入場料13ユーロ。イヤホンでしっかり説明をきいたところ、やっぱり水木しげる、タイムボカンなどに多大なる影響を受けたらしい。ほぼ同世代?やっぱり。外国でブームになってる日本のサブカルチャーの旗手という印象を受けました。個人的に大好きです。

ビルバオ ~ピンチョス

2009-05-21
バスクに行くって言うと ほぼ全員Pinchosが旨いからBarをはしごしろって言います。
行ったことのある人はおいしいBarの場所を教えてくれたりします。
そしてバスクの街に着くと またしてもほぼ全員 どこのPinchosが旨いからあそこへ行けっていいます。これってすごい食への執着心・・?。バスクの人は食の旨さに自信をもっているようです。そして我らにうれしいのは、なんといっても魚介類。大西洋の寒い海で獲れた新鮮な海の幸。旨すぎて写真をとる暇もなかった。そしてワイン(チャコリ)とビールを飲みすぎて写真とる余裕もなかった。とほほ。

Birbao_1.jpg

写真はホタルイカのピンチョス。パン、上半身、ピーマン、足の順にのせてあります。

Birbao_2.jpg

手前から順に
アンギラスのピンチョス (下の白いのは魚、(バカラオ))
アンギラスの代わりに赤ピーマンの乗ったピンチョス
海老とタコのピンチョス (海老の真ん中にウズラの卵)

やばい、書いていて戻りたくなってきた。

サン セバスチャン

2009-05-20
マドリッドの友人宅を出てサンセバスチャンにやってきた。大西洋側のバスクの避暑地。
とってもすごい幸運にも快晴だった。街の中心にあるビーチには老若男女、そして犬ちゃんもたくさん。そして老若かまわずトップレスでした。 お金持ちのためのリゾート地みたいなので とってもゴージャスな服を着たマダムが犬を散歩しているのをたくさんみかけました。

Sansebastian.jpg

どうして海に向かわないのか分からないです。後ろの犬ちゃんは・・・忙しそうですね。
丘に登った帰り道(ほぼ2時間後)もみんな居まし同じところにすわってました。

マドリッド ~タパス

2009-05-18
今日はスペインの飯についてご報告。(やっぱり飯について書いちゃうんだなぁ)

日曜市Rastorosの後にいったBarの品。格式のありそうなBarでした。働いているのはベテランって感じのおじ様です。

Mad_tapas1.jpg

血とご飯をソーセージみたいに詰めたものを焼いてある。激ウマでした。あっという間になくなりました。名前はモルシージャ。スーパーでもソーセージの横に売ってます。

Mad_tapas2.jpg

豚の耳のフライ。これも激ウマ。こりこりと脂肪のコンビネーションがたまらない。

Mad_tapas3.jpg

これは豚肉のフライですね。マドリッドは豚肉が多いようです。内陸ですからね。でもイカリング(カラマリフリートス)も人気の品です。どこのBarでも山盛りにしてあります。

SMariaTech.jpg

これは田舎の名物レストランみたいなところで食べたコチフリート。子豚ちゃんのフライです。山盛りサラダと一緒に食べました。骨がたくさん入ってるので皿が骨で山盛りになりました。

次の飯レポはバスクかな?

マドリッド ~ 闘牛

2009-05-17
サンイシドロ祭にあわせて人気闘牛士が出るみたいなので 闘牛を見に行ってみた。今回初めて観る闘牛は馬に乗ってやるやつ。闘牛士が人馬一体となって なるべくスリル満点に牛の前をギャロップしたりして挑発し、ぎりぎりのところで身をかわし観客を楽しませると絶賛を浴びる。文字通り人馬一体となったプレイは美しかった。闘牛はスペインでも賛否両論あるようだけど、もちろん苦しんで死ぬ牛はかわいそうなんだけど、今の日本の文化みたいに 死を隠しつくすよりは自然な本来の営みとして見せることも必要だと思った。闘牛士も命を懸けた真剣勝負なんだからそこに ショーとしてのプロレスやボクシングにはない魅力があるように思う。スペインの文化の根底に流れる生と死に対する真摯さをみたような気がする瞬間だった。
今晩友人宅に移動。充実した旅なり。

Mad_Toros.jpg

マドリッド ~サンイシドロ祭

2009-05-16
5月15日マドリッド到着。マドリッドの祭サンイシドロの真最中。早速夜になるのを待って祭り現場へ。お祭会場はたくさんの屋台レストランで埋め尽くされ子供向けのおもちゃやお菓子もたくさんならび、あとは音楽で踊るのか? とおもったら よく分からない南米?中米系のフォルクローレがあるだけでした。なんだか親戚やら友達と集まって外で飲んで食べておしゃべりする、というだけの祭みたい。子供は大人が話し込む脇でかわいいお洋服を着せてもらって走り回り・・・
写真はお祭衣装を着た赤ちゃん、子供、フードコート。

Mad_Sanisidro_Fiesta.jpg

Mad_SanIsidroJon.jpg

Mad_SanIsidrogirl.jpg

Mad_SanisidroGumi.jpg

Mad_Sanisidoro_food.jpg

ロンドン2 スピタルフィールド

2009-05-15
スピタルフィールドマーケットで古いスーパーボールをもらった。旅の運勢がこっちに向いた瞬間だった。ネックレスでもつくろうかな?くれたおじさんありがとう。

Lon_Superball.jpg

ロンドンラッシュアワー

2009-05-15
ロンドンっ子はどうやら大阪人より歩くのが早い。足が長い分早いのかな?
時差ぼけの我らはいつになく早くリバプール駅に到着 どうも人が多いなぁ。と時計を見たら8時50分でした。ぶつかった人ごめんなさい。きょろきょろカメラもって邪魔しちゃいました。
まだ観光には早すぎましたね。

Lon_liverpoolsta.jpg

ロンドンは13℃

2009-05-14
わけあって今、初のロンドン。小雨というか霧雨(ぬれない程度)ですごしやすい。飛行機で乾燥した のどにも肌にもよさそうな湿度。しかし湿度の高い分、寒く感じる。街はコート着てる人がいるかと思えば、Tシャツ、カーデガンもいるし、一番好きな服装のできる季節じゃないかとおもう。メトロ Old Streetの近くに滞在。あぁ眠い。

明日はちょっとだけ観光する予定。

ネックレス

2009-05-07
15年くらい前 職場の上司が行ったミャンマーのお土産にもらった 宝石(本物かどうか90%くらいで疑わしい)。金属加工もできないし 穴も開いていないのでずっとたんすの奥で眠っていた。
これは本によく似たのが載っていて作れるかも・・・と思い挑戦したもの。

苦手なテグスに小さいビーズで一日石1つをくるむのが精一杯でした。なので小さいけど大作なんです。一番左の茶色っぽいのだけ 日本で買ったガラス玉です。

市販のネックレスなどは金属を使いある程度の重さやぶら下がり感がありますが、テグス&極小ガラスビーズ(鎖部分は金属ビーズなのですhが) で作ったのでどうも軽くて浮き上がる感じが今ひとつ。でも作り直す気がしません。

Neck2_0010.jpg


ぞ?

2009-05-06
足首がのびちゃってよれよれになった靴下。でもこのヨレヨレ感がいとおしい。何かにならないかなぁ?
で綿とワイヤー入れてみた。妙に愛嬌がある出来になった。
でも元靴下っていうと 誰もほしくないだろうから 我家のAmigoになるか。
一応 名前は「ぞ」にしました。鼻と足はワイヤー入りなので自在です。
Sockzo1.jpg Sockzo.jpg


ガラスの卵

2009-05-05
古着屋でガラスの卵を見つけた。最近ハマッているオレンジ系。
何も考えずついつい購入。
で、買ってから3ヶ月後くらいに ひらめいて ロマノフ王朝の何とかエッグ(なんだっけ?)みたいにゴージャスにやってみよう。それもマクラメで。

首につけると重すぎるので バッグチャームとして使用中。でも重い。
後ろに見えるのは フエルト中毒のブローチ。

ガラスの卵をマクラメで

インスタントロリータ風

2009-05-04
巷では原宿ロリータファッションの影響かフリルや ラメがトレンドみたい。私の若い頃には まったく縁のなかったのだけれど、私の深い心の底にも乙女ファッションなる憧れがひそんでいたのか? 結構気楽に着ちゃったりする昨今である。(我ながら驚き) べつにそういうのが恥ずかしいわけではないのだけど、恥じらいがなくなる歳になった感も否めない今日この頃。

で、ワンタッチでロリータ風になる ネックレスを作ってみた。まだ着用してない。(実は母の黄ばみきった絹の着物裏地) 染みが いい感じで花プリントみたいになった。そしてこんなに黄色く黄ばむのかという黄金色。素敵!

Neckfrill3.jpg

フェルト中毒4

2009-05-01
フェルト中毒ついでに 一度売ってみようと品揃え中。夏に行商してみます。(外地です)
ひたすら丸め、丸め、すっかり飽きちゃった。(笑)
っうか 顔なので全部をいい感じに作るの難しいです。リアルすぎるとかわいくないし。

caravera0.jpg Scull_0029.jpg Scull_0027.jpg gaikotsu15.jpg
caravera6.jpg caravera4.jpg


プロフィール

ひつじ

Author:ひつじ
夫婦で世界旅行を機に会社も辞めぐうたら主婦に変身。
旅先で色んな作る人との出会いに刺激され、帰国後色々と節操なく作り始めました。

2009年末 "Los Amigos de EPI"という名前で高田馬場Clumbonにて販売を始めました。機会があれば覘いてみてくださいね。メキシカンテイスト全開(笑)です。気に入ったものがありましたらコメントから連絡くださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。