スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦根 / Visiting Hikone

2010-01-04
正月 友人を訪ねて彦根に行ってきた。彦根といえば彦根城。国宝に指定され 且つオリジナルの天守閣が残るのは、姫路・松本・犬山とこの彦根らしい。(合ってたかな?) そしてひこにゃんの里である。

古い町並みもよく保存され(っつうか昭和そのままな建物もいっぱいあって楽しい) 食べ物も美味しいし (特に友人が紹介してくれたイチゴ大福!)、夏には鳥人間コンテストも行われる琵琶湖も歩いてすぐだしかなり楽しめます。
(一文にキャッチコピーつめこみ過ぎですね)


Hikone3.jpg
[広告] VPS

正月早々愛嬌をふりまく ひこにゃん。初めて観るゆるきゃらに油断してたら つい心を奪われちまった。

Hikone2.jpg Hikone1.jpg

隠れた彦根の裏キャラクター 飛び出し坊や。 あれっ惹かれちゃったのかな? 右はシュールなお人形レイアウト。結構同じような組合せを何度も目撃。なぜなんだ?

Hikone4.jpg Hikone5.jpg

古い建物がたくさん保存されている町並と つい撮ってしまった彦根城内部の「YAZAWA」ならぬ「YAZAMA」。YAZAMAとは知ってる方も多いと思いますが、城から外敵に向かって矢を射るための穴ですね。

Hikone6.jpg

友人のベロタクシーに乗せてもらご満悦。実はかなりの乗り物好き。

We visited a friend live in Hikone (Middle of Japan) on new years holiday. Hikone is a historical town with beautiful castle. (Oh, please find a picture on other website, if you are interested in)

First picture is Hiko-Nyan, mascot character of Hikone town. How can I explain Yuru-Chara, relaxing or clumsy character, he is so cute, move slowly and clumsily, after watching him for a while, people feel like protecting him.

Second and third picture are another mascot I found in the town.

The last picture, we are excited a lot by riding velotaxi.
スポンサーサイト

大阪のせみしぐれ

2009-08-09
大阪にはクマゼミというでっかい蝉がいて、大音響で夏を彩ってくれます。(ただうるさいという人もいますけど) 蝉自体は羽が透明できれいなんですけど。 在住の人は蝉がうるさくて目覚まし時計が聞こえなくて夏は1、2回遅刻するそうです。
[高画質で再生]

クマゼミ

PL花火

2009-08-01
お墓参りに大阪に行ってきた。恒例の花火大会。(煙で見えなくても、台風が来たとしても1時間たっぷりと打ち上げます。)
[高画質で再生]

PL花火

パリの街角

2009-07-09
取り付かれたように 8日間パリを歩き回りました。
実は 8日間の滞在で4つのホテルの予約を取る羽目になってしまいました。途中の2日友人がイタリアから駆けつけてくれてちょっとグレードアップしたホテルに泊まり、その他の日取りで適当に予約した結果です。
はじめの3日 モンマルトル
次の2日 オペラ界隈
次の1日 カルチエラタン
最後の2泊 サンマルタン運河近辺

初パリだった事もあり バックパックは24キロと重かったのですが各地区の夜歩きが楽しめてなかなかよい結果となりました。

モンマルトルの夜は ムーランルージュや 売春宿が立ち並ぶ歓楽街。Sex Museumなんかもあって通りからも楽しめます。怪しい通りのバーには これぞという太ったお姉さんがお客さんを待ってました。昼間の街歩きは結構おしゃれ系のお店も進出していてこれもまた楽しく、路地をくまなく見ると フィギュアの工房、義歯、額縁、人形など いろんな工房もこっそりとあって面白いものを見つけるとちょっと得した気分になります。もう少し時間が欲しかった。

Paris_graf1.jpg Paris_calle2.jpg

写真はモンマルトルでびっくりした落書きとギャラリー(右) どちらも色が強烈ですね。ちなみにピンクのワニやらウサギ 緑や青の人形やら キッチュな感じのディスプレイがパリでは印象に残ってます。

オペラ界隈では夜のオペラ座やルーブルの夜景、古いパサージュ(アーケード)を歩き回るのが結構おもしろかった。パサージュは夜8時には閉まっちゃうところが多く、せっかくのよい雰囲気のBarがあっても夜はいけませんでした。一軒すごい面白いギャラリーを発見。閉まってましたが ウィンドウから堪能。

Paris_calle6.jpg Paris_calle4.jpg Paris_calle5.jpg
写真左は デパートのろうそくのディスプレイ。右2つは感動したギャラリーのディスプレイ。鹿の頭本物です。その唇にはブローチが。鶏肉の足の料理のペンダントなんかもあって ちょっとエグくて感動でした。

カルチエラタンでは なんと言っても学生街でビールが安く バーのはしごしました。それに面白い店がこっそりとあるのもこの界隈でした。
ま、私の面白い店というのは アーティスト系のお店なんですけど。

Paris_calle3.jpg Paris_calle7.jpg

写真は関係ないけど 地下鉄のホームの座席。それに Place Monge近辺の落書き

運河沿いにはビアガーデン。(どこ行ってもビールですね)でも最後の2日は寒かった。風も強いし雨もぱらつくし。
運河沿いに南下すると Bstilleのおしゃれ系のお店街に到着。そこから マレ地区にかけて楽しいショッピングエリアに入ります。そしてバーゲンの真っ最中。やばっ。

Paris_calle8.jpg

写真は感動した落書き。(こんなんばかりですみません)



フランスの原宿

2009-07-08
日本では 原宿や秋葉原が海外でブームとか。夫のゲストハウスにも 時々ロリータ系のドイツ人の女の子がやってきたり、ゴシック系のバンドのファンとかいうスペインの団体さん、漫画で日本語を覚えたアメリカ人と結構楽しませてくれている。日曜日の原宿はまさに観光地だし。
スペインの友人宅には 2軒とも原宿系ストスナ雑誌「Fruits」のカードや本がおいてあったし。(スペインで入手したと言っていた)
でフランスでたまたま見つけたそんな感じのものの特集です。

Paris_japan.jpg Paris_japan2.jpg Paris_japan3.jpg

左から デパートの 家紋香水。ベルサイユ宮殿のマリーアントワネット宮で見かけた原宿系の女の子(フランス人でした)。最後は空港のいかにもな 原宿香水。(やりすぎですね)

エジプトのミイラ(ルーブル美術館)

2009-07-05
憧れ?のルーブル美術館へ行ってきた。それもタダ(第一日曜日は無料なのです)
常時混雑が予想されているので ややあきらめムードで行ったのだけど館内は広いのでそれほど気にならなかった。(ピラミッドからの入場はもちろん長蛇の列、裏口(リヨン門)には誰も並んでいませんでした。ラッキーです)
でエジプトのミイラが大量にそれも無造作に展示してあるのにびっくり。よく見てたら流行のマトリョーシカに似ていると思って写真撮ってみた。

Paris_mimoa.jpg Paris_mimoa2.jpg Paris_mimoa3.jpg


基本何重にも 重ねて 収納するみたいだし、日本のこけしにも通じる頭の形。そう思うのは私だけかなぁ?
棺はいろんな顔があって意外でした。

パリ (París!)

2009-06-30
憧れの?パリです。昨夜は車中一泊だったので、のんびりモンマルトルの散歩だけ。
犬の写真撮らせてもらいました。丸っこくてかわいいです。

Parisdog.jpg

こんな写真じゃ パリ気分にならないので もうひとつ。アメリの舞台モンマルトルです。

Paris_Montmar.jpg

Feria Gollesco

2009-06-28
Feria Medievalは飽きたので、Feria Gollescoという他のに行ってみた。今回は山の向こう側の近くの村なので赤ちゃん連れでお母さんと三人で。
開催されたのは人口3000人くらいの Piedrahitaという村。近隣の村からも 人がおとづれるらしい。
Gollescoというのは ゴヤの時代という意味で Medievalよりちょっと後。18世紀かな?
信じられないのは、Feriannte(出店者)はそれなりの服装が求められるのに今回は村人がみんな力をいれて着飾ってました。我らは2日目は もうスカートを脱いで普通の服で働いてました。

Gollesco.jpg Gollesco3.jpg Gollesco5.jpg
Gollesco2.jpg Gollesco4.jpg Gollesco7.jpg Gollesco6.jpg

上段 着飾る人々。下段左から二つ目なんて 盛り上げた貴婦人みたいなカツラつけてます。貴婦人っつかドラッグクイーンみたいです。あまりのショックに写真を頼むの忘れて隠し撮りしました。
下段左はテントの中の様子。

で、売れたかって?この日は私の真珠のアンクレットが売れました。友達の店も壊滅的に売れないFeriaでした。他の出店者なんて閉めちぇうところもあるくらいでした。残念。次はパリです。

Grafiti (街角の落書き2)

2009-06-26
街の落書きの紹介を再度。今回はマドリッドのみです。

Grafiti5.jpg Grafiti7.jpg Grafiti6.jpg
Grafiti8.jpg Grafiti9.jpg

日曜にRastrosが開催されるLatinoの近くの通りです。真ん中の魚の絵は有名な人の作品でバルセロナにもあるらしいです。
下左は Poplandというキッチュな商品を扱うお店。お風呂のひよこの黒いのがあるらしく、欲しいといったら連れて行ってくれました。ちなみに、007や悪魔のひよこもありました。マジンガーZは人気みたいです。デビルマンのフィギュアもありました。もちろんドラえもん、キティちゃんも。
下右はメトロBilbao近くの通りで。鶏肉屋さんの壁に鶏を絞殺する模様が。嫌がらせかウケ狙いか分かりませんね。

夏至の日

2009-06-21
スペインでは夏至の日は夏の始まりで 各地で音楽フェスティバルが開催されるとの事。
それも結構なバンドが出演して 入場料タダ。結局スポンサーのハイネケンビールを7ユーロで買う事になるのですが。

21J.jpg

メンデスという中くらいに有名なバンド。エレクトロニコでした。不思議なのは音楽に専念せず、おしゃべりに専念する友人たち。入場料タダだからかな?

午前中に行ったRastroという日曜蚤の市。今回はアンティークな通りに専念したのでかなり収穫がありました。

Rastros.jpg

牛の頭右上のトイレットペーパー黄ばんでてかわいいね。ごみみたいな山から超かわいいボタンを5個見つけました。2ユーロでゲット。うふっ。

余談ですが、音楽フェスが開催された Mataderoという場所はかつては ト殺場でその後の運ぶ道にRastrosがあって血がいっぱいだったことから Rastroという名前になったそうです。ちょっと危うい理解ですが。

ものづくり in マドリッド

2009-06-20
友人宅で休息を兼ねて 仕事のお手伝い。
前回のGuadalajaraのフェリアでブローチが売れてしまったので 今日はブローチの補充です。
友人を真似て ボタンで。滞在費を労働で支払うような感じです。
結構趣味の異なるものが 売れるようなので、私もバランスを考えて自由に作らせてもらいました。

Broches.jpg

写真左から下の方にかけてのリボンをあまり使っていないものが 私の作品。

Tシャツで作ったネックレス。実は友人がブエノスアイレスから持ち帰ったChurroな(かっこいい)ネックレスを見本に自分用にちょっと改造して作ってみました。

Collar.jpg

マドリッド グルメ

2009-06-19
久々のグルメ紹介。

Comida_Mad.jpg Comida_Mad2.jpg

マドリッド近郊のTietar村の更に近郊のレストランへ。
写真左は赤ピーマンに カマンベールチー ズを乗せて オーブンで焼いた料理。奥はシーザーサラダ。その奥が Sepiaという丸いイカのフライ。右写真は 2回目のコチフリート。(子豚のフライ) 前回のレストランより おいしかった。
このレストランすごく洗練されていて、量もいっぱい。さすが友人のママ。(グルメでいつも食べ物はこうすると旨いと話しています。) ちなみに50代以上のスペイン人は (私の友人の親戚とその友人だけかも知れないが)食事時の話題はグルメな話題が多いです。いつもレシピ ポルファボールと言っております。

Grafiti (街角の落書き)

2009-06-16
今日は街角で見つけた落書きを少しご紹介。

Grafiti1.jpg Grafiti2.jpg
Grafiti3.jpg Grafiti4.jpg

写真上は マドリッド。 写真下はバルセロナ。EZLNってメキシコのサパティスタですね。
すごいのを見つけると、なんだか得した気分になります。

Feria Medieval 2

2009-06-14
マドリッド近郊のGuadalajaraでのFeria Medieval。ちなみにMedievalというのは 中世のお祭で、夏には各地で開催され、地元の人が結構楽しみにしているようです。フェリア出店者にとって 中世風の服は必需品。

Guadarajara.jpg

写真は中世もどきの服を着たマドリッドの友人とお母さん。レジンの試作品の指輪が売れました。私のガイコツも並んでます。
マドリッドは首都なので もっとModeなのかと期待していましたが、バルセロナの方がModeに敏感らしいです。お金持ちも多くて価格もマドリの方がかなり安めです。ちょっと意外でした。

ちなみに服関連のFeria出店者はMedievalばかりでつまらないといっていました。音楽フェスティバルは若者も多く楽しいらしいです。私は今回は参加できず残念。

子供と(で)あそぶ

2009-06-13
友人宅の4ヶ月の赤ちゃんLeo君とクエンカへ。
お母さんの悪い女友達はLeoで遊んでばっかり。

Leo.jpg Leo2.jpg Leo3.jpg

ハンマーヘッドシャーク。 体型からミチェレオというニックネームがつけられました。

Micheleo.jpg

こんなのも作ってみた。やりすぎ?(ご両親も大絶賛)

Cuenca.jpg

遅ればせながらクエンカも観光。

マドリッドへ

2009-06-10
マドリッドへ戻る。バスで8時間。天気の心配をする必要もなく 否応もなく晴れ。
ずーっとフラットな乾燥した地面が続く。かつてラマンチャの男たちがロバで旅した場所も様変わりというところか。ちなみにドンキホーテが2日で旅したところは今車で15分くらいだそうです。

Camino.jpg Camino2.jpg

最新の発電風車。風水あわせても、使用電力の10%も作れないらしい。太陽は結構いけそうな気がするけど。
右は スペインのシンボル。郊外の道路の広告が禁止されてこれだけが残ったらしい。どうやらこれは酒の広告らしい。

商用バンにペイント

2009-06-09
行商人の必需品それはバン。スペイン語ではフルゴネータ。なんだか愛車っぽい響きがあっていいねぇ。ベッドもあってテントも売り物の荷物も運べる大型のバン。
友人の彼氏の方が街の落書きファンで時々イカす(死語?)やつを夜中にやってるらしい。

今回は初の大作に挑戦。今日はその中でも最大の楽しい瞬間。ペイントして剥がす瞬間です。実は下絵を用意して厚紙に写して切って・・・・。私もちょっと手伝って、ずいぶん前から準備してきたのです。
Tango0.jpg Tango1.jpg Tango3.jpg

タングィスタの女性の耳は私の描写。(っつか忘れてたんだよね作るの)




久しぶりのつくりもの そしてグエル公園

2009-06-08
ユニクロのTシャツに偶然できた穴をあけた布をつけて ペイントしてみた。最近蝶づくし。

Maliposa.jpg

グエル公園
ここだけは行こうと思ってたので観光してみた。グエル公園の美しさはいくらでもネットで見れるので、ガウディパロディの写真を掲載しまーす。
Guel.jpg Guel1.jpg Guel2.jpg

過去記事にも書いたデスイグアルにおいてあったかっこいいVespa。グエル公園の入口近くの店舗にて。右はお金渡すと写真撮ってくれるシンボルのトカゲの着ぐるみ。すごくしんどそうだった。暑いのかな? ちなみにランブラス通にはモンスター系のリアルなのがたくさんいて 怖がらせてくれます。

バルセロナは平日でも観光客はいっぱいです。本当にヨーロッパ経済危機なんかいな?ま、シーズンだからね。
実は2000年にも来たのだけど、スペインも以前より英語も通じるようになったようだし、時々日本語で話しかけてくれる人も居るし、マドリッドも安全になったみたいだし、すごい変化だと思います。
ちなみに日本ブームみたいです。
デスノートの死神って日本の特殊なデーモンなの?
みやびっていうバンドかっこいいね?
え?zzz困った。

バルセロナ近郊のリッチなコスタ そして・・ ハモンコンメロン

2009-06-07
バルセロナから(北の)フランス方面へ1時間くらいのビーチにおじさんの家があるというので皆で誘いあって行って来た(連れてってもらった)。
ちょっときれいな郊外のビーチくらいに想像してたのだけれど一等地(ビーチとビーチに挟まれた高台)の豪奢な家々は半端じゃなかった。城でした。覘き見たシャンデリアは高さ2m 直径1.5mは裕に超える大きさ。もちろん全戸プール完備(と思われる)。
おじさんの家はビーチから歩いて15分くらいの普通のところ、でも共同のプールもあって天気予報が雨だったせいか隣人もおらず貸切状態。
我らはビーチは後回しにして 日焼け、水遊び、日焼け、シエスタ、水遊び・・・・の繰り返しあっという間に夜10時。(日暮れは9時30分頃)

Sagaro1.jpg Sagaro2.jpg Sagaro3.jpg

海を臨む高台の家々。 右端はプールでふざける友人達。(この後 肩車じゃなくて立上ってました)

そして・・・ハモンコンメロン
スペインについてから 毎日山盛りのハモンを食べてるのに、(本当は滞在日数の1/3位ね)一度もメロンと一緒に食べたことがない・・・といったら作ってくれた。
お試しということで ちょっとだけ。うーん おいしいけど チーズと一緒に食べたほうがいいのではないの?とも思うが、咀嚼し、更に1つ2つと食べ進むごとにだんだん病みつきになるウマさ。
なるほどね。明日もう一度作ってみよう。

JamonconMelon.jpg

寿司づくり

2009-06-05
海外で恒例の(というわけでもないが)寿司作りということになった。バルセロナは長期バックパッカーにとってもマグロの寿司を作って食べれるうれしい場所である。
今回は友人がわさび、のり、巻き簾などをもっているので魚探しだけである。健康食品屋で米酢も手に入るらしい。
しかもMollet村の公共市場でバルセロナ級に魚が売ってる。
しかし、アニサキスを予防するためすべての魚は一旦凍らせてから販売するという法律だそうだ。ぐるりと一周して海老、卵、サーモン、カニ蒲をチョイス。すでに量が多くなったのと、今一新鮮に見えなかったのでマグロは却下。アジやヒラメもいけそうだったが、ウケそうにないので却下した。
Sushi.jpg
見えるかな?奥のほうにも巻寿司が・・・。
真ん中の鍋は海老の頭とサーモンの骨でつくったスープ。実はこれが私には一番うまかった。真ん中の緑色はほうれん草(冷凍)の胡麻和え。これも大好評。
海老は丸まっちゃって今一見た目が悪いね。サーモンは大量にあったので塩とバルサミコ酢でサラダにしました。卵のニギリも好評でした。あぁよかった。

それにしても、ここバルセロナは魚介類が豊富でいいねぇ。普通にアンコウや、モンゴウイカなんかもうっててとてもそそられます。

今夜からビーチへ出発です。

お誕生日パーティー

2009-06-03
友人が日本に来た時にKwacha(夫)がたくさん食べるので、お母さんが料理をいかにたくさん作るかという話になったんだけど、今日お呼ばれしてきました。Kwachaが居ないのが残念です。

Mollet9.jpg Mollet8.jpg

メニューは バカラオという白身魚のサラダ(セビッチェみたい)とラザニアの野菜版と肉版、コロッケ、チーズとトマトのエンパナーダ、そして 2種のケーキへと続きました。
ワインに始まり、カバ(シャンパン)も振舞われ もう夕飯いらなーい。運動しなきゃ。
右の写真は印度から帰った友人のお兄さんとお父さんのケーキ。ちなみにこの後警察のゴム弾使用に関して 家族のディスカッションが始まりジェネレーションギャップをはさんだ熱い口論となりました。

今日から友人宅で犬を一匹3日間預かることになりました。2Fは犬と私で占拠してます。Squatterみたいです。(スペイン語ではOcupaというそうです)

バルセロナ Encantes(アンティークマーケット)

2009-06-02
バルセロナのアンティークマーケット Encantesに行ってみた。(場所はClot駅近くにあります)大半が生地屋、そしてボタン屋、革屋もちょろちょろ。ペルーや印度みたいに電池やシャンプー他のガラクタを売ってる店やチュロス売ってる店もあって結構おもしろい。お目当てのアンティークはよいの悪いのさまざま。つか、歩く道とごみと売ってるもんの境目がないのよ、古い本とかが分解しちゃって風になびいてるし 間違えて商品踏んじゃったらごめんねぇ~ってな感じ。
Barcelona_Encantes1.jpg Barcelona_Encantes.jpg Barcelona_Encantes2.jpg


見える見える?ケロッグスの箱。これ売ってるんだったらびっくりだよねぇ。
結局真鍮の帽子(帽子の内側が栓抜きになってる)とアンティークのボタンと引き出しの取っ手みたいなものを買いました。全部一個1ユーロ(ボタンは一個オマケ)。じっくりみたいからもう一度行こうかなぁ。

Feria Medieval

2009-05-31
露天商初デビュー。バルセロナ市内の北東にあるLlucmajorで開催されるMediovarという名のフェリアで5月30日~6月1日までの3日間。露天商は全員中世の格好をして売る。(私は免除してもらった) 残念なことにアーチスト系の店は少なくて、どっちかっていうと 食い物屋台が多く、お客さんもハンディクラフトに興味のある人は少ない感じ。ちょっと残念。
客の入りは午前中の開店11時から2時くらいは ボチボチで シエスタが終わった5時くらいから11時くらいにかけて たくさんの人が訪れる。フェリアによっては朝の5時くらいまで営業することもあるらしい。いつまで経っても慣れない このスペイン時間。 因って露店もシエスタ時間は閉めてご飯食べて公園で昼寝。なんとのんびりしたことか。
ちなみに若者の夜遊びも夜の1時から 5時くらいが盛り上がる時間らしい。パーティーとかディスコも待ち合わせは大体1時。とほほ。一日が長いね。観光客泣かせだった 2000年の時の旅行を思い出すよ。昼間に観光すると 体が持たないのよね。

初日は土曜日で Bucheros del Horteranoという結構有名なバンドのコンサートががあった(1時半から始まって アンコールを終えたら3時だった)。他の友達はもう一つのパーティに行くらしい。週末だもんね。フェリアの出展で朝6時半から活動開始した友人と私は体力切れ。バンに撤収してお休み。
Feria_Medievar1.jpg
今日のバンド Buchero Del Horterano。フラメンコ風のアレンジや スカ風もあって 結構好みだった。
アンコールには Martires del Compasのカンタンテ Chico Ocañaも乱入して 盛り上がりがリ踊りまくりの一夜でした。お祭りにはこうやって有名バンドがタダで見れる機会が多いらしいです。うらやましい限りです。

日中のフェリアの露店。ぶら下がってる私のガイコツ見えるかな?
Feria_Mediovar.jpg Feria_mediovar2.jpg Feria_Mediovar3.jpg

中世の格好をしてる友人と 友人の露店。 一番右は隣のGarapinyada(カラメルでコーティングしたナッツ)の店と ピエロみたいにいつもおどける 店主のFiti。結構手伝いました。

3日間終わって4つ売れた。売り上げ55ユーロ。プロには遠い道のりです。
意外だったのは 若い女の子ではなく 40代後半?位のおばちゃんが買ってくれた。スペインのおばちゃんはちなみに若い子より 派手好きな感じの人が多いです。おばあちゃんになってもおしゃれしてる人が多いね。フエルトは夏には難しいのも原因かも。

バルセロナ街歩き

2009-05-29
風邪も鼻水だけなので今日は一人でバルセロナの街歩きに行ってきた。
すごい色使いの店発見。その名はデスイグワル(Desigual)。バルセロナ発祥のチェーンみたい。知らなかった。サイケな服って東京にあんまりないよねぇ。(私が知らないだけかもしれないけど)
ウェブみたらどうも日本(有楽町西武)にもあるようです。
http://www.desigual.com/

そして市場めぐり。まずは有名なBoqueria市場へ。ツーリストがいっぱいでバンバン写真撮っててちょっと気の毒。ま、断ると「いいよっ」ていう返事が気軽に帰ってくるんだけれども。
こちらではエイも食べるらしい。スープみたいに煮物にするって言ってました。 右は人の居ない静かサンタカタリナ市場の魚(大西洋で獲れたPalangreNordという魚らしい) 生のタコが大量に売っていてうらやましかったです。(タコ好きなので)

Barcelona_5.jpg Barcelona_6.jpg

あんまり関係ないけど、バーバーパパのおうち。
Barcelona_7.jpg

ひきこもり in バルセロナ

2009-05-28
今日は少し風邪気味でひきこもり。
敗れたズボンを修復し 滞在先の古いマットレスから出てきた羊毛で骸骨を作りました。ひとつはフランケンシュタイン博士風?
Mollet_6.jpg Mollet_7.jpg

できたカラベラは滞在先の友人にあげました。とっても喜んでくれました。そろそろバルセロナ観光しなきゃっておもうんだけど、今日はバルサの勝利パレードで人がいっぱいだったようです。
ちなみに今日ののTVは一日赤と青のカラーで埋め尽くされてました。

やばいっ! バルサ勝っちゃった

2009-05-27
夜の8時45分にあわせてみんなそわそわ。友人の妹さんは6時からバールで待機するそうです。
我らは怖いのでここMollet村の友人宅のプロジェクターで観戦することになりました。
開始11分早速ゴールを決めたバルサ、友人をみるとさっそくマドリッドの友人に嫌味の電話をして(レアルマドリッドのファンだからね、バルサを決して応援しないらしい)電話がつながるや否やこちらで大合唱。↓
Barca_1.jpg

そして2点目もかるくゴール。(といってもみんな叫んでエキサイティングする方に忙しくてゲームみる暇もないくらい)
ゲーム終了をカウントダウンして その後みんなで道路でレゲトンを踊りまくります。ポリスのパトカーにも旗を振って邪魔をするわ 走ってきた車の前に飛び出すわ・・・
さすがにポリスはクラクションを鳴らして答えてくれなかったけど通る車やトラックも徐行して答えてくれました。写真下は今日の最もエキサイティングしてた友人の友人。何でもオタクらしい。

Barca_3.jpg

最後は村の中心にくりだして花火、爆竹、大合唱。私もちゃっかり ユニホームを貸してもらって原宿風にピースサインで写真に収まりました。隣にいるのは滞在先の友人です。バルセロナ市内に居なくてよかった。ここはいたってピースフルです。

Barca_2.jpg Barca_4.jpg

今夜は外がうるさくて眠れそうにないです。

廃工場

2009-05-25
今日のイベントはヌード写真を工場跡に行って撮るというもの。
といっても私のヌードではなく滞在先の友人カップルの。何でも友達が写真の勉強中でモデルが必要らしい。廃工場にはスクワッター(勝手に住んでる人)が居るらしい。何事も経験と のこのこ付いていった。

こんな感じ↓
Mollet_2.jpg Mollet_1.jpg Mollet_3.jpg

中は落書きがいっぱい。でも街中よりずっとかっこいい落書きがたくさんあってちょっともったいない。でっかい(元野良)犬もいっぱいいて ちょっと怖い。下は割れたガラスだらけ。何でも昔の皮工場らしく、皮ジャケットの裏につけたであろうブランドシールとか なめしか染色に使ったであろう釜があったのではないか?と思われる色の飛び散った壁とか。昔は美しく整理された材料や製品が載せられていたであろう棚とかが、埃をかぶって打ち捨てられている。上からパイプが落ちてきて壊れていたり。興味深かったのは勝手に住んでる人は英語圏の人が意外と多かったこと。無事巨大な犬たちに襲われることもなく帰って来れました。ほっ。

バルセロナ2

2009-05-24
バルセロナ2日目。といっても市内には行かず友人の友人の誕生日を兼ねて郊外の遊園地?Bosc Vertical(Vertical Forest)へ。

Barcelona_2.jpg(友人撮影)
風雲タケシ城みたいだぁ~と大喜び。なんで日本にたけし城がないんだぁ?という質問をうけました。

馬鹿騒ぎの大好きなスペイン人は(友人だけかも知れないけど)その後家の前の広場を会場に飲み食いパーティーをはじめ、ポップコーンをやってはねたところを口でキャッチという遊びをすることになった。Kwachaがなんと一等賞。なんでもカオにあたるポップコーンもものともせずフライパンの近くで口をあけてじっと我慢していたとのこと。さすが食いしん坊。

Barcelona_4.jpg
宙に浮くポップコーンみえるかな?

バルセロナ

2009-05-23
Barcelona_1.jpg

バルセロナに来た。今回は夫婦2人とも2回目なので 観光二の次にして友人宅へ。
でも気を利かせて観光も旅程に入れてくれた。早速サグラダファミリアへ。作ってるんだか直してるんだか・・。バルセロナは去年夏から急に景気が悪化したために増えた失業率を一時的にでも下げるため 市内の重要な建物の外壁修理などを増やしているらしい。ということで他の美しいビルも覆われていたりして残念。
友人にハンドメイド作家の品を置く店をぐるぐる廻って 見聞する。
やっぱり色使いとかちがうなぁ。

インド人経営のビーズ パーツ屋なんかもあって面白し。(ピンとか指輪台は100個で5ユーロくらい)

TAKASHI MURAKAMI in Guggenheim

2009-05-22
Birbaoの2日目。今日の夜のバスまで暇なのでグッゲンハイム美術館に行く。
カスコビエホ(休市街)の店には シールがいっぱい。

Birbao_5.jpg

なんだかうきうきさせる花である。マドリッドの友達もMURAKAMIに行ってきたよって言ってたっけ。

何よりびっくりなのはその建物。 そして前にそびえるパンジーでできた犬。なんで犬なんだ?

Birbao_3.jpg Birbao_4.jpg

イヤホンガイド付で入場料13ユーロ。イヤホンでしっかり説明をきいたところ、やっぱり水木しげる、タイムボカンなどに多大なる影響を受けたらしい。ほぼ同世代?やっぱり。外国でブームになってる日本のサブカルチャーの旗手という印象を受けました。個人的に大好きです。


プロフィール

ひつじ

Author:ひつじ
夫婦で世界旅行を機に会社も辞めぐうたら主婦に変身。
旅先で色んな作る人との出会いに刺激され、帰国後色々と節操なく作り始めました。

2009年末 "Los Amigos de EPI"という名前で高田馬場Clumbonにて販売を始めました。機会があれば覘いてみてくださいね。メキシカンテイスト全開(笑)です。気に入ったものがありましたらコメントから連絡くださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。